パン工房RK 開店準備日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クッキー

<<   作成日時 : 2018/04/26 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

静岡県掛川市の雑貨屋さん、アンジュールのさやかさんからご注文いただき、
先週末からたくさんのクッキーとラスクを作りました。
さやかさんが主催されているコトコト市というマーケットで
販売してくださるとのこと。
2007年から何回も開催されていて、いつもさやかさんのブログを見て
素敵だな〜と思っていたので思いがけず今回声をかけていただき
とってもうれしかったです‼
コトコト市の詳細はこちらです。
http://kotokotoichi.blog91.fc2.com/

画像



お店で出しているクッキーは今、4種類あります。
どれも自家製粉したひきたての小麦を使って麦の味わいを生かした
素朴なパン屋のクッキーです。
「ディンケルクッキープレーン」は、ディンケル全粒粉とふすま、
バター、ブラウンシュガー、牛乳、塩というシンプルな材料。
これにチョコチップを入れたのが「ディンケルクッキーチョコ」。
そして、ビートグラニュー糖を使い砂糖少なめ、エダムチーズをたっぷり入れた
「ディンケルクッキーエダムチーズ」。
それから、農林61号という小麦粉を自家製粉し、
ふすまをふるいとった粉を使った「農林61号」
(シンプルすぎる名前ですが)。
材料は農林61号の粉とバター、ビートグラニュー糖、牛乳、塩です。
農林61号は現在日本で栽培されている中でも古い品種で、
味わい豊かな麦です。
こちらも、ディンケルと同じく滋賀の大地堂さんが育てている麦です。


画像

パン屋ならでは、RKならではのクッキーが出来上がりました。
4種類そろっていない日もありますので、ご希望の場合は
事前にご確認いただくと確実です。
仕込みの都合上ご予約は3日前までにお願いします。

不思議というか、当然といえば当然かもしれませんが
たくさん作るときには一度の仕込み量を増やすより、
仕込みの回数を増やす方が良い仕上がりです。
以前パン屋で働いていた頃は、お菓子類も大きなミキサーを
回して作っているのを見たことがありますが、
やはり、少しずつ手作業で作る方が美味しい。
手間を惜しんではいけないなあと思います。
この時期によく作るいちごジャムも、たくさんあるから
大きい鍋で一気に炊こうとすると、なんとなく仕上がりが違ってしまいます。
(同じように仕上げることは理論上は可能なのでしょうが。)
しかし、パンの生地はある程度多めに仕込む方がおいしい。
これは絶対。酵母くんの働きのせいでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クッキー パン工房RK 開店準備日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる