パン工房RK 開店準備日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月

<<   作成日時 : 2017/03/18 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

先日からお店に飾っているミモザのリース。
いつもパンを販売していただいている静岡の
アンジュールさんのサイトでみつけ、ひと目ぼれ。
送っていただきました。
ドライになってからも長く楽しめるリースです。
「春は何色から来る?」
「黄色から」
小さい頃こんな会話をした記憶があります。
ミモザの花も春のはじまりを感じさせてくれます。

シンプル雑貨 アンジュール
http://www.unjour-web.com


さて、3月はお別れの季節です。
近くの大学の学生さん、地球研の職員さん、研究者さんなど
お店を始めた年から毎年、何人かの方とのお別れがあります。
最初の年は2月1日にお店を始めて毎週のように来てくださっていた
地球研の女性職員さん達が、3月の末に次々と
「今月末で契約が終わりなんです」と言っていて、
さみしいのと同時にお店がつぶれる〜なんて思ってしまったのも懐かしい思い出。
お別れは毎年のことで新しい出会いも毎年のこと、お店もつぶれずに今に至っています。

とはいえ昨日は、よく来ていただいていたお二方とのお別れで、
寂しさを感じました。
近くの大学の学生さん、京都での大学生活を終えて新しい旅立ちですね。
自然豊かなこの辺りは創作活動にぴったりだったかな。
京都での大学生活はどうだったかな?
そんなことを思っていたら自分の学生時代を思い出し、
私には東京と京都とふたつの大学生活があったのですが、
京都の大学生活で得たものは「自由」、そしてパンを作る人になったんだ…
とふと思い出し、卒業して旅立つ時のわくわくした気持ちを思い出しました。
これから輝かしい未来が待っていますね。
卒業おめでとうございます。
そして、今までパン工房RKにお立ち寄りくださってありがとうございました。


そしてずっと来ていただいた地球研の方。
いつも酵母パンのカンパーニュやバゲットを買ってくださるので
(そういう男の人は珍しい)、どこの人だろう〜と思っていたら
地球研にパンを売りに行った時に白衣姿で買いに来てくれて
ちょと驚きました。
ハード系のパンはお店を再開した当初はあまり売れなかったので
いつも買ってくれる人がいると
「私は間違ってない!」と思って作り続けられて、
おかげで酵母パンもパワーアップできたような気がします。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

昨年の3月はしたの子どもが保育園を変わったので、
3年間お世話になった保育園とのお別れでさみしくてさみしくて、
たくさん泣いてしまいました。
今年はそれもないなあと思っていたら、お店でも、
子どもの友達や先生も、やはりいくつかのお別れがあり
いくらかのさみしさがあります。
やっぱり、春ですね。
でも、別れがあれば出会いがあり。
そして、いつも一期一会の気持ちで
心を込めてパンを作っていきたいなあと思っています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月 パン工房RK 開店準備日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる